So-net無料ブログ作成

【自然農のかぼちゃの植え方】 [方法]

かぼちゃを種から植える場合の手順をまとめました。参考になれば幸いです。

*自然農では種まきのことを種を降ろすと言います。



1. 畝を作る
 かなりツルが伸びるので、畝幅は3〜4mにします。

2. 草を刈る
 種を降ろす場所の草を直径約20cmの円形に刈ります。間隔は2〜4mとります。

3. 表土を剥ぐ
 種を降ろす場所の表土を剥がします。種の厚みの倍くらいの深さにします。
13103447_998336080250053_239327929480586051_n.jpg

4.種を降ろす
 1カ所につき3,4粒の種を降ろします。
13100829_998336086916719_7002425694000456709_n.jpg

5. 土と草をかぶせる
 種が隠れるように土を被せ、手の平などで軽く押さえます。土を密着させることで乾燥を防ぐためです。そして、草を被せます。
13055341_998336126916715_2773168332342260426_n.jpg



1週間前後で芽が出てきます。



------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。

また、畑の見学や農作業したいなどのお問い合わせもお待ちしています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

------------------------------


スポンサードリンク


【自然農のじゃがいもの植え方】 [方法]

先日じゃがいもを植えたので、じゃがいもの植え方をまとめました。

手順は以下の通りです。

1. 種芋をカットする
テニスボール大であれば半分くらいのサイズにするのが良いと思います。カットした芋に2,3個は芽があるようにカットします。

2. 断面を乾かす
乾かす理由は、種芋が腐るのを防ぐためです。慣行農法では灰をつけたりしますが、自然農では土が元気なので特に必要ないようです。2,3時間日に当てれば良いかと思います。
12790960_962954570454871_1304196009636423430_n.jpg

3. 穴を掘る
深さは種芋の高さの2倍、30〜40cm間隔に穴を掘ります。
12804837_962886980461630_3994844892816573928_n.jpg

4. 種芋を埋める
芽が上に来るように埋めます。当然断面は、下向きになります。
5221_962886987128296_1349953266264343511_n.jpg

5. 土を被せる
穴に土を被せ、少し上から押さえます。土を密着させることで、乾燥を防ぎます。

6. 草を被せる
枯れ草、または、青草を被せます。これも乾燥を防ぐためです。私の畑では被せる草が足りなかったので、籾殻も被せました。
12794551_962887020461626_1179194410584112917_n.jpg



参考になれば嬉しいです。

じゃがいもは、初心者向けの優しい野菜なので是非チャレンジしてみてください。


------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。

また、畑の見学や農作業したいなどのお問い合わせもお待ちしています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

------------------------------


スポンサードリンク


【乾燥ローリエを作ってみる】 [方法]

ハコネエコビレッジで、乾燥ローリエの手作りに挑戦しています。手順はこちら。

1. ローリエの葉を収穫する

ハコネエコビレッジに生えている月桂樹(ローリエ)の木
12301749_915821248501537_3021377751217684500_n.jpg
収穫した葉
12347839_915821255168203_5181565243396105213_n.jpg

2. 水洗いする
3. 熱湯でサッと湯通しする
4. 水気をふき取る
5. ネットに入れて陰干しする
12311190_915813271835668_2974933853198529598_n.jpg

ポイントは2つ
・ネットに入れること
・陰干しすること

普通に干すと乾いていく過程で葉が丸まってしまうので、ネットに入れて干してみました。みかんネットに入れるのが良いという情報もありましたが、今回は三角コーナー用のネットでやってみます。
色よく仕上げるには陰干しが良いようです。日に当てて乾かすと茶色っぽくなりますが、陰干しなら緑色のままで乾かせるようです。

結果がどうなるか楽しみ( ^ω^ )
また報告しますね〜。


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【蔓あり豆類の支柱立ての一例】 [方法]

いんげん、豌豆など蔓ありの野菜は、成長しながら蔓を絡ませて上に伸びていきます。そこで蔓が絡まれる物が必要になります。ここでは、豆類のための支柱の作り方の一例を紹介します。

【必要なもの】
・2mくらいの支柱(市販のものの他に竹や木の角材などでも良い)
・麻縄(太さは2,3mmで良いと思います)

【手順】
1. 支柱を立てます。私は3m間隔で立ててみました。苗の根元に立てておけば、その苗は支柱に捕まって伸びていけるので、苗の根元に立てるようにします。各支柱に支え用の斜めの支柱を立てます。
12243521_911355782281417_758532427903635247_n.jpg

2. 縦の支柱と斜めの支柱を麻縄で縛って固定します。これで倒れにくくなります。
12243427_911355548948107_28308516932250930_n.jpg

3. 2段に横縄を張ります。私は80cmと160cmの高さにしました。
4. 横縄から各苗に縄を垂らします。支柱を苗の根元に立てておけばその分は垂らす縄が不要になります。
12278934_911355695614759_7341899777867861095_n.jpg

これで支柱が完成です。
12294878_911355722281423_7600203929839585383_n.jpg

【その他の方法】
・各苗に支柱を立てる(縄は垂らさない)
・横縄のかわりに横棒を使用する
・縄の代わりに稲わらを垂らす
・縄の代わりにネットを垂らす

【メリット】
今回紹介したやり方のメリットをまとめておきます。
・支柱が少量で済む
・消耗品(麻縄)が自然のものなので環境負荷が少ない。私は化石燃料を原料としたネットは使用したくないと思っています。
・来年も再利用できる

手元に竹や稲わらがあれば、それを活用するに越したことはありませんでしたが、なかったのでこの方法を採用しました。

ご参考になれば嬉しいです。


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

ニンニクの植え方 [方法]

ニンニクの種降ろしについてまとめました。

1. ニンニクをばらす
 分球(鱗片)を1つずつバラバラにします。

2. 穴を掘る
 30cm間隔、10cm程度の深さにします。
12187677_902675483149447_2111429587061396394_n.jpg

3. ニンニクを埋める
 1つの穴に分球を1つ埋めます。尖っている方を上にします。
11248692_902675489816113_6040576995763298825_n.jpg

4. 土を被せる
 土を被せたら、軽く手で押さえます。これはニンニクと土を密着させ乾燥を防ぐためです。

5. 草を被せる
 これも乾燥を防ぐためです。
12189875_902675516482777_6201112621425169985_n.jpg


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。