So-net無料ブログ作成

【畑の草を燃やすな】 [知識]

畑にとって、草には重要な役割があります。それは、生体原子転換によるミネラルの生成です。
(参照:【畑における草の役割】)


にんにくの畝の草たち
12742658_955691734514488_45724476815662572_n.jpg


では、その草を燃やしてしまうとどうなるでしょうか。

せっかく作ってくれたミネラルが灰になってしまいます。ミネラルが変質してしまうとのことです。さらには地表、および、地中の微生物も影響を受けます。

自然農では、地表、地中の環境を健康にすることが最も重要だと思いますが、それに反する結果となってしまいますね。

ただ、灰には酸性になったしまった土を中和する効果があるなど必要な時もあります。どうしても草木灰が欲しいときは、石や煉瓦などを敷いた上で、枯れ枝などを焼いて作るといいと思います。



スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【畑における草の役割】 [知識]

先日、【草は敵ではありませんよ】という記事を書いたら、大きな反響を頂きました。

こちらは、小麦の畝の草たち
12715196_955691777847817_5969492373182643842_n.jpg

農業の常識とは大きく異なるからですよね。

では、草にはどんな役割があるのでしょうか。

保温、保湿、土を砕く、虫から守るなどがありますが、最も大きいのは、

「その土地に最も不足しているミネラルを補う」

というものです。

草は生体原子転換によって、ミネラルを生成することができます。しかも、優秀なのは、その土地に不足しているものを生成する草が自然と生えてくるということです。

「循環農法」の赤峰勝人さんは、「自然界に雑草という草はない。すべての草が、光合成と原子の転換を行いながら、働きの違うミネラルを作り出す使命を持っている」と、言っています。


草は偉大です[exclamation]?



スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

虫に食べられやすい種とは(2015/11/12) [知識]

本日草の畑で教えていただいてびっくりしたのは、「どのような野菜に虫が付くか」です。皆さんはどう思いますか?

原因は
・種が悪い
・畑が悪い
の2つが考えられるとのことです。

種が悪いとは、遺伝組み換えの種である、または肥料を与えられて作られた種であるということです。私の畑でもよく虫の被害にあいますが、購入した種が後者の種であるからだそうです。したがって1年目は虫にやられて仕方がない、2年目以降は被害が減るとのことです。無理に虫取りをせず、1年目は1割でも収穫できればよく、種とりに専念しても良いと教わりました。
畑が悪いとは、肥料を与えている(与えすぎている)畑のことです。
ということで、自然農1年目の私の場合、虫に食われて当然ですね。虫の被害に焦っていましたが、今日の学びで納得し、そして、安心しました( ^ω^ )


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

公開講座「本物はヒトもリンゴも腐らない」受講(2015/10/31) [知識]

公開講座「本物はヒトもリンゴも腐らない」
http://www.ris.ac.jp/research_social_cooperation/open_class/open_class/101.html
を受講してきました。

この講座、奇跡のリンゴの木村さんとナポレオンの村のモデルとなった高野さんの講座です。
木村さんは、とてもユーモアがあって人懐っこい方でした。印象的だったのは「野菜は太陽、土、水だけでは不十分、愛情が必要です。野菜たちに声をかけてあげて下さい」とおっしゃっていたことです。即実践します。

高野さんはとてもエネルギッシュで行動力と意志の強さを感じました。印象的だったのは、「自然栽培は日本独自のものであり、TPPであろうが世界と戦える武器となる」とおっしゃっていたことです。腐らずに枯れる果物は世界に発信できる、自然栽培は世界を救うことができるともおっしゃっていました。

私が奇跡のリンゴを知った時に自然栽培を知って世界を救う手段の1つだと直感したのですが、間違っていなかったと確信しました。

改めて自然農を続けていくことを決意しました。


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

その土地に必要な物質を補うように草が生える! [知識]

昨日の畑の教室で学んだことで、もう1つ印象に残ったことがありました。草が果たす役割についてです。
その土地土地に於いて、土の中に足りている物質、足りていない物質があります。不思議なことに足りていないものを生産できる草が自然と生えてきてそれを補うというのです。例えばカルシウム不足の土地ではスギナが生えて、カルシウムが補われます。そしてカルシウム不足が解消されれば、次に足りない物質を補う草が生えてきます。一通りバランスのとれた土地にはススキが生えるそうです。そしてその後木が生えて森林になっていきます。
おお〜! なんと自然の完璧なことか!!
人間はどうして草を抜き除草剤を撒きわざわざ肥料を与えているのだろう?
無駄ばかりですね。
勉強になります。


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

タグ: 補う