So-net無料ブログ作成
検索選択

【自然農の農作業(大根と人参の収穫、エンドウの支柱立てなど)】(2016/01/27) [農作業@龍ケ崎]

今日は、茨城県龍ケ崎市の畑にやってきました。昼はとても暖かいですが、水や土が凍ってて朝晩が寒いことが分かります。野菜たちも寒さと戦っています。

今日は、

・大蔵大根の収穫
・人参の収穫
・エンドウの支柱立て
・畝作り

をしました。

大根と人参は、先週と同様のサイズでした。しばらく、様子を見守りながら収穫していこうと思います。

収穫した大蔵大根(最大のもので長さ31.0cm、太さ4.3cm)
12631267_943171072433221_2290362289837961789_n.jpg

収穫した人参(時なし三寸)(最大のもので長さ15.0cm、太さ3.5cm)
12565494_943171079099887_4671446502492423285_n.jpg

ツタンカーメンエンドウとスナックエンドウは、寒さのせいか元気がないです。しなびてしまったものもあります。それから、つるが絡まれるように麻縄を垂らしていたのですが、うまく絡んでくれません。縄だとゆらゆら揺れてしまうので捕まりにくいのかもしれません。そこで、今日は、柿の木やビワの木の枝を支柱として立ててみました。これで、様子を見てみます。

スナックエンドウ
12645203_943171112433217_2750353829521852924_n.jpg
柿の木の枝を使って支柱を立てたところ
12573153_943171122433216_892698269769214992_n.jpg
ツタンカーメンエンドウ
12645256_943171152433213_5887638310840399847_n.jpg

最後に畝を1本作りました。こちらは、じゃがいもが勝手に生えてきたので、畝作りを延期していた場所です。じゃがいもを収穫し終えたので、畝を立てました。これで畑全体に畝ができました。
12631432_943171159099879_7874224924189174775_n.jpg

来週は、大根と人参の収穫の他、野菜たちの防寒をしてあげようと思います。

その他の野菜の状況は以下のとおりです。

のらぼう菜
12642713_943171189099876_998424742925253046_n.jpg

人参
12647102_943171199099875_1483790664981004504_n.jpg

大蔵大根
12647436_943171229099872_871933636739140313_n.jpg

玉ねぎ(左半分が無肥料、右半分が米ぬかと油かすを補った場所)。特に違いは見受けられません。
12631357_943171242433204_1423406710247989664_n.jpg

キャベツ。動物さんに葉を食べられています。
12565518_943171262433202_6258545906091966845_n.jpg

ニンニク
943903_943171282433200_8834318570867440393_n.jpg

赤そら豆
12565494_943171299099865_8061877801054498336_n.jpg

小麦
12642546_943171339099861_1874395874181438091_n.jpg


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【自然農の長芋をとろろ芋と千切りに】 [料理]

自然農の畑@横浜で、長芋を掘り出してきました。スーパーで見かけるものと違い、細めで、皮の色が濃いです。

さて、そんな自然農の長芋はどんな味がするのでしょうか。

すりおろして麺つゆでのばしとろろ芋にしました。残りは千切りにして、わさび醤油で頂きます。
12642969_943168729100122_825143067264800992_n.jpg

すりおろしてて気づいたのは、粘りが強いこと!(◎_◎;)
自然薯とまではいかないですが、良く粘ります。まるでお餅のよう。

そして、千切りを食べてみると、しっかりした歯ごたえ、水っぽくないです。

これは、火を通した料理も面白そうです( ^ω^ )

次は、シンプルに焼いてみようかな。

やはり自然農の場合、自然の雨以外に水をやらないので、身がしまって水っぽくならないですね。そのおかげで粘りも強いと思われます。


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【乾燥ローリエの作り方の実験結果】 [農作業@ハコネ]

ハコネエコビレッジで採取してきた月桂樹の葉ですが、乾燥ローリエにしたいと思っています。そこで、どうやって作ったらいいのか試行錯誤してました。ネットで調べてやってみたものの、歯が白くなってしまって失敗しましたf^_^;)

そこで、実験をしてみました。そして、その結果が出ました?。

以下の3パターンで実験しました。

1. 熱湯にくぐらせてから屋外で陰干し
2. 50度洗いを15秒してから屋外で陰干し
3. 水洗いしてから屋外で陰干し

ベランダで陰干しした月桂樹の葉
12645091_942656735817988_2547773386662969933_n.jpg

1. 熱湯でくぐらせたもの
12540992_942656745817987_5704608400595704914_n.jpg

2. 50度洗いしたもの
12644938_942656755817986_8000710894400644182_n.jpg

3. 水洗いしたもの
12549001_942656782484650_6816606307928108850_n.jpg

中火で5分煮出しているところ
12644976_942656809151314_6660047563438468516_n.jpg

煮出した汁をコップに注ぎ常温まで冷まして、香りや味を比べてみました
12573823_942656815817980_1572579963242962910_n.jpg



さて?、結果は?

ジャラジャラ?ジャン!



1.が一番良かったです[exclamation]?


味は3パターンとも大差はなかったのですが、香りが段違いでした。以下に各ポイントの詳細を示します。

■外見

2.と3.は、鮮やかな緑色でとても素晴らしいです。それに比べて1.や緑色を保ちつつもやや茶色に変色しつつあります。ただ、市販のものほど茶色くなく綺麗です。さらに、失敗作とは異なり葉が白く変色することもありませんでした。
ただ、1.は葉が少し丸まってしまいました。

■味

味は3パターンとも大差ありませんでした。

■香り

1.はローリエ独特のいい香りがします。それに比べ2.と3.はほとんど香りがしません。5分しか煮出さなかったので、もっと長く煮出せば香りが出てくるかもしれませんが、この実験ではこうなりました。干す前に熱湯にくぐらせたことにより、香り成分が出やすくなったのかもしれません。こちらも市販のものと比べてみましたが、市販のものももちろん香りがするのですが、1.のものはさらに強く香りました。

■総評

香りの違いにより1.が一番でした。外見は2.と3.の方がいいですが、香りの方が大事という判断です。香辛料ですからね。
また、今回の実験から前回失敗した原因は、干し方の問題だったことが分かりました。室内ではなく屋外で風に当てながら干すことでカビを防げたことが、変色を防げたと考えられます。

■今後

さて、1.の課題としては、葉が少し丸まってしまうことが挙げられます。この後押し花のように重しをして平らにしてみます。

また、丸まりを抑えるためにどのような乾かし方がいいかも研究していきたいと思います。

ぜひ、こうしたほうがいいよとかアドバイスがあれば教えてくださいm(._.)m


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【自然農大根と人参の炒め煮】 [料理]

自然農の畑@龍ケ崎で収穫してきた大蔵大根と人参で料理しました。
12647452_942620429154952_5034167653299383402_n.jpg

大根と人参の食感と存在感を残すために乱切りにしてみました。これらとスライスした玉ねぎをフライパンで軽く炒めてから蓋をして蒸し焼きに。生姜焼き風の下味をつけた鳥もも肉を加えて和風の味付けをして仕上げました。

やはり、野菜の存在感が大きく、味もよく感じられます。人参は本当に甘いですね。息子にとっては大根のほろ苦さが、口に合わなかったようですがf^_^;)

野菜を蒸してから、炒めても面白いかな。機会があれば試してみようと思います。

ちなみに写真の奥に写っているのは、マロニーちゃんとツナのサラダです。これも美味かった( ^ω^ )


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【自然農プランターに長ねぎを植えてみる】(2016/01/26) [農作業@自宅]

先日お邪魔した青葉区の自然農の畑で、長ねぎを収穫してきました。そのねぎを自宅のベランダプランターに植えてみました。
12647538_942619542488374_6227519618269490736_n.jpg

プランターなので土が浅く、ねぎに土が被りませんが、まーやってみましょう。もう少し土寄せできるとは思いますが( ^ω^ )

この長ねぎは分けつ種なので、成長すると分けつして増えていきます。種取りが必要なく手間いらずのお野菜です。ベランダの長ねぎで料理できる日を夢見てます( ^ω^ )


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【ベランダ自然農のスナックエンドウ】(2016/1/25) [農作業@自宅]

自宅のベランダでも自然農をやっています。
昨年蒔いたスナックエンドウが育ってきましたよ*\(^o^)/*
12552533_942179662532362_8993170787684736280_n.jpg

種を植えた頃の様子はこちら↓
ベランダで自然農(2015/11/18)

根元には枯れ草を被せています。自然の雨が降らないので、最低限水やりはしますが、2週間に1度と少なめにしています。

春が待ち遠しいですね〜。


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【早くも里芋を植える@草の畑】(2016/01/25) [農作業@草の畑]

寒波が来てて寒いですが、よく晴れてとてもいい天気ですね。今日は横浜市青葉区の自然農の畑にやってきました。本日の目玉は里芋を植えたことです。
12540549_942125392537789_872255852406035195_n.jpg

さてこちらの畑ですが、寒波の影響で、すごい高さの霜柱ができてました。
10314753_942118615871800_8344494045426937487_n.jpg


今日は

・里芋の親芋を植える
・長芋の収穫
・人参の収穫
・長ねぎの収穫

をしました。

特に里芋ですね?。1月なのに早くも植えてしまいました。これは、特殊なやり方とのことで、通常は地中に親芋を埋めて春まで保存してから、改めて植えるそうです。

この時期に植えるとメリットとリスクがあります。

メリットは、

保存のために埋めて、植えるために掘り出して… という作業を省けることです。

リスクは、

寒さで親芋が死んでしまう可能性があることです。

そこで、防寒対策を十分にしました。

植え方ですが、まず、穴を掘ります(直径40cmくらい、深さ40?50cm、穴の間隔40cmくらい)。あとで土寄せすることを考えて深めに掘ります。掘り出した土は穴の隣に盛っておきます。
12647141_942118469205148_5848158971559959072_n.jpg

次に親芋を写真の向き(茎が生えていた名残りの出っ張りがある方を上にする)に埋めます。その上から土を最低でも5cm以上被せます。
12540549_942125392537789_872255852406035195_n.jpg

最後に防寒対策です。枯れ草を穴に詰め込んで上から踏みつけてまた草を詰め込んで、ぎゅうぎゅうに草を被せます。
12573078_942118489205146_5607073767938744953_n.jpg

その上から木の枝葉を被せ、さらにネットを被せます。ネットも防寒対策になるとのことです。
12439500_942118509205144_6267710027189020599_n.jpg

次に長芋の収穫をしました。

長いもの畝
12573862_942118555871806_4874212092124974520_n.jpg

どこに生えているのかわからず、シャベルで掘りまくるのですが、いくつか傷つけてしまいました。掘り方ですが、まず、大きいシャベルで大きな穴を掘り、芋が見つかったら、手前を小さめのシャベルでさらに掘ります。最後はスコップや手で土を崩しながら掘り出します。

長芋の頭が出てきました[exclamation]
10314753_942118575871804_6393026717908733848_n.jpg

以前自然薯を掘った経験が生きました。自然薯の掘り出しは相当に難儀だったので、そんなに苦労なくたくさん掘ることができました*\(^o^)/*

収穫した長芋。地中に粘土層があってとても硬いので、芋は下に伸びず横に広がっていました。
12512629_942118602538468_698146278884270246_n.jpg


後は人参と長ねぎを収穫しました。

人参はこれで収穫終了ですね。(品種は黒田五寸だと思われるとのことです)
12565382_942118645871797_6701695136789308012_n.jpg

長ねぎは年末よりさらに太っていて美味しそうです。これは甘いと思いますよ。まだまだ楽しめそうです[exclamation]?
940846_942118652538463_1537103007332893199_n.jpg


今年は話の畑でも里芋と長ねぎに挑戦しようと思います。


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【自然農の畑@龍ケ崎にお客さん】(2016/01/22) [農作業@龍ケ崎]

自然農の畑@龍ケ崎に行ってきました。今日はハコネエコビレッジで知り合ったちーちゃんが遊びに来てくれました。以前は会社の屋上で菜園をしたり、現在は自宅のベランダでも菜園をしているという農業好きな女性です( ^ω^ )
12512596_941147625968899_8144190527861104359_n.jpg

なんと佐貫駅から畑まで、ゆっくり1時間半くらいかけて自転車旅行となりました( ^ω^ )

龍ケ崎名物のコロッケたべたり、神社、お寺に立ち寄ったりとのんびり旅。

さて、畑では

じゃがいもの収穫
・人参の収穫
・大蔵大根の収穫
・玉ねぎの施肥
・豌豆の支柱立て

を行いました。

じゃがいもはほとんど残っておらず、5,6個収穫して、今期は取り切りました。

人参は先週よりさらに成長しているようなので、1/3程収穫して、さらに成長を見守ります。

収穫した時なし三寸。(最大のもので長さ16.0cm、太さ4.0cm)
12508895_941147635968898_1487767621779932192_n.jpg
人参の畝
12631378_941147702635558_751621751032013508_n.jpg

大蔵大根もまだ成長しそうなのでこちらも同様に一部を収穫するのみにしました。

収穫した大蔵大根(最大のもので長さ33.0cm、太さ6.0cm)
12523916_941147655968896_2818324631327218191_n.jpg
大蔵大根の畝
12631315_941147769302218_113950476162833381_n.jpg

玉ねぎは、葉が黄色くなり成長が止まったので、米ぬかを補って様子を見ています。2週間前に補った箇所を改めて確認しましたが、米ぬかの有無による違いは見受けられません。
本日は、米ぬかと油かすを混ぜたものを補ってみました。こちらも経過を観察してみます。現時点では、地中の養分の問題ではなく、寒さの問題で葉が黄色くなったり成長が止まっているのだと想像しています。

玉ねぎの畝
946143_941147699302225_1590591119588871498_n.jpg
玉ねぎの畝に先日米ぬかを蒔いたところ(右半分が米ぬかあり、左半分がなし)。
5485_941147735968888_8539484001360276786_n.jpg
玉ねぎの畝に米ぬかと油かすを混ぜたものを蒔いてみました(中央の枝に挟まれた部分)。こちらも経過を観察してみます。
12509449_941147739302221_5873700381981191168_n.jpg

今回新たに気になったのは、ツタンカーメン豌豆です。一部の株において葉や茎がしなびてしまいました。龍ケ崎は東京より2,3度は寒いようですが、その寒さが原因でしょうか。スナック豌豆は特に問題ないようなので、ツタンカーメン豌豆が寒さに弱いのかもしれません。

しなびてしまったツタンカーメン豌豆。寒さのせいでしょうか。
12552732_941147775968884_2289079605551095172_n.jpg
スナック豌豆
12510421_941147802635548_1596985020214681769_n.jpg

えんどう豆(ツタンカーメン、スナック共に)が、プラスチック製の支柱に絡まりません。ちーちゃん曰く人工物には絡まりづらいとのこと。そこで、プラスチック製の支柱のみの場所(麻ひもを垂らしていない場所)に、剪定した柿の枝を立てて支柱にすることにしました。これで、うまく上に伸びてくれるといいな〜。

そんなこんなで2人での野良仕事は楽しいです。

興味ある方はぜひ一緒に野良仕事しましょう( ^ω^ )


その他の野菜の写真は以下に載せておきます。


のらぼう菜(江戸野菜)
944052_941147659302229_690392249282616192_n.jpg
ニンニク
12510511_941147815968880_8246552752882239148_n.jpg
順調な赤そら豆
12507385_941147835968878_7653748895719769614_n.jpg
麦踏みした小麦
12573736_941147855968876_1612532515514249111_n.jpg


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【自然農のポテサラ】 [料理]

自然農の畑@龍ケ崎で収穫したじゃがいもで、ポテサラを作りました。
image.jpeg


ちょっとテレビの影響を受けて、じゃがいもを蒸してみました。というのも、コロッケ専門店さんが、じゃがいもは蒸した方が美味しいと言っていたのです。

そう、確かに茹でたじゃがいもと蒸したじゃがいもを、シンプルに塩をつけて食べ比べたところ、明らかに蒸した方が美味しいんですよね。ホクホクしてて、水っぽくないのです。

というわけで、我が家のポテサラはこれから蒸してから潰すことにしました。バターをコクのために少しだけ入れて潰しました。

他に塩もみしたきゅうりと蒸した人参、ハムを入れました。

塩胡椒で大体の味を決めてから、マヨネーズを風味付けに加えて完成。

市販のものと違い、素朴で優しい味に仕上がりました( ^ω^ )


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

【いんげんの一生まとめ(2015)】 [農作業@ハコネ]

昨年は、ハコネエコビレッジに通い始めた年でした。
ハコネエコビレッジで、農業隊長を仰せつかったので、自然農という農法を用いて、農業を始めました。

そんなハコネエコビレッジで初めて栽培に成功したのが「いんげん」でした。

そこでいんげんの種降ろしから収穫、種取りまでをまとめたいと思います。

【作業日程】
作業日程は下記のとおりです。

・8/12:種降ろし(種まき)
・8/21:発芽を確認
・9/11:支柱立て
・10/2:開花を確認
・10/13~11/17:収穫
・12/18:種取り

いんげんの発芽
11873492_870685706348425_7049245071250869643_n.jpg

支柱立て
11988243_879963818753947_6994502561076825142_n.jpg

いんげんの開花
12038458_889509777799351_7976737474940986003_n.jpg

収穫
12019919_899048823512113_1437525150487799721_n.jpg
12096202_899045120179150_99377051226266851_n.jpg

種取り
12347921_922346584515670_4893353144992679435_n.jpg
12348076_922346591182336_5337074988295187580_n.jpg

【反省点】
今回のいんげんさんの一生を見守って、気づいたことを元に反省点をまとめました。

・種取りが少なかった
  → 来期は種採り用に今年の2倍以上の種を取りたいと思います。
    そこで、元気ないんげんのうち4株を種取り用に残しておきたいと思います。

・つるの絡まりを補助が足りなかった
    支柱に絡まれず、地面を這ってしまって人に踏まれてしまったものがありました。
  → 来期は、育ってきた頃に手を貸してあげて、支柱にからませてあげようと思います。


【総括】
いんげんさんの一生を見守ってみて、感じたことをまとめます。

なにより、たくさんの実りをありがとう~!!

それからほとんど手間がかからず、孝行息子のお野菜でした。動物さんにも食べられることがなかったです。開梱したばかりの畑でよく育ってくれました。そういう意味では、痩せた土地でも育てやすいお野菜だと思います。

今後はもっともっと収穫を増やしたいので、来期は今年種取りした分に加えて、購入した種も使って、2倍の収量を目指したいと思います。


いや~、いんげんさん、優秀だな~。

いんげんさんに感謝!!


スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。